車の査定士であることを証明する看板や書面

自動車の査定は、やはりプロの方にお任せをしたいと思っている方が多いと思います。プロの方というのは、いわゆる査定士ですね。
査定士になる為には、必ず資格の取得が必要になります。実地試験などを行って合格してから、その資格が取得できるそうですね。

 

ところでその査定士という方は、全ての車買取のお店に在籍しているとは限らないそうです。中には査定士が在籍していないお店もあります。
ところで車の買取では、しばしばトラブルが発生しています。ですので人によっては「プロの査定士によって車を見てもらいたい」と考えている場合があります。
では在籍の有無はどうすれば判断できるかというと、看板の有無です。

 

査定士の方が在籍しているようなお店であれば、必ず査定業務を行っている旨を証明する看板が設置されている筈です。ちなみにやや黒色を含む、青色の看板ですね。ですのでその青色の看板が設置されているお店であれば、プロの査定士によって車を見てもらう事ができると思います

 

また車の査定士の資格を保有しますと、必ず査定士証が発行される事になります。ちょうど手のひらに収まるサイズの証明書ですね。証明書の上の部分には青いラインが入っていて、下の部分は白色になっています。氏名や査定士番号や有効期限など、様々な情報がそれに記載されていますね。

 

もしくは、査定士の合格証書が発行されている事もあります。上記の査定士証とはちょっと形式が異なり、表彰状のような形状をしていますね。ちなみにA4サイズの証書になります。

 

ですのでトラブル防止の為にプロの方によって車を見てもらいたいと思っているのであれば、上記の査定士証や合格証書などをスタッフに見せてもらうのも1つの方法ではあります。